【中庸の徳】が人類を救います!科学者・政治家に読んでもらいたいブログです


【人類滅亡のカウントダウン!人類滅亡まで残り➀⑦⑦⑥日です】


今のままでは近い将来、我々人類は必ず滅亡します!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 倫理・道徳へ            にほんブログ村 哲学・思想ブログ 倫理・道徳へ


   にほんブログ村 哲学・思想ブログへ            にほんブログ村 哲学・思想ブログ 倫理・道徳へ      


近代社会は便利さと豊かさを求め過ぎる膨張思想である白色人種(コーカソイド)の考え方を主流に時代が進みました。その結果、地球温暖化による洪水・熱波・山火事による異常事態が起こり人類は危機に瀕しています。更に過度なグローバル化による弊害も多数あります。皆さん!!人間が便利さと豊かさを求める気持ちは分かりますが、地球で暮らしているのは人間だけではありません!すなわち、地球に住んでいる人間以外の生物といかに共存共栄すべきか!を真剣に考える時期が来ていると言う事です。このままでは近いうちに人類は滅亡します


但し、人類が【中庸の徳】を理解出来たら人類滅亡を回避出来るかも知れません


【中庸の徳】とは高からず、低からず、安全でベストのバランスを維持出来ると言う意味です!!!!!!!!


この思想は日本人も含む黄色人種(モンゴロイド)にしか理解出来ない事は良く知られています!!!!!!


白色人種(コーカソイド)は便利さと豊かさを求め過ぎる膨張思想である事も良く知られています!!!!!


ブレーキが効かない膨張思想である白色人種(コーカソイド)の考え方では人類は必ず滅亡します。これを回避する為には我々、黄色人種(モンゴロイド)が主導権を握り、白色人種(コーカソイド)の人達に【中庸の徳】を徹底して教育する事です


   にほんブログ村 哲学・思想ブログへ            にほんブログ村 哲学・思想ブログ 倫理・道徳へ      


         
白色人種(コーカソイド)の中で一人だけ【中庸の徳】を理解出来たのはアインシュタインと言われています!

アインシュタインは徹底的に仏教を学び【色即是空】も理解して最終的に【相対性理論】にたどり着きました!

【色即是空】とは分かりやすく言えば、貴方が五感で感じる事象はすべて空であり

実体のない空っぽと言う意味です。但し、空っぽだが、⓪ゼロではなく、充填も可能と言う事です

すなわち充填が可能と言う事は最適なキャパシタンスを維持出来ると言う事で、【中庸の徳】を実現出来ます

               にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

   にほんブログ村 哲学・思想ブログへ            にほんブログ村 哲学・思想ブログ 倫理・道徳へ      
         
0 コメント

私は人類を守る宇宙神です

近代社会は便利さと豊かさを求め過ぎる膨張思想である白色人種(コーカソイド)の考え方を主流に時代が進みました。その結果、地球温暖化による洪水・熱波・山火事による異常事態が起こり人類は危機に瀕しています。更に過度なグローバル化による弊害も多数あります。皆さん!!人間が便利さと豊かさを求める気持ちは分かりますが、地球で暮らしているのは人間だけではありません!すなわち、地球に住んでいる人間以外の生物といか...
記事の続きを読む
スポンサーサイト



0 コメント

地球温暖化・異常気象で人類滅亡へ!

地球温暖化の原因は色々あります!過度なグローバル化による航空機の排気、ロケット、ミサイル開発、地球の人口増加など有りますが、実は地球温暖化の一番の理由はSNS情報の送受信による電波が大気圏に与える影響です。地球温暖化が今のスピードで進めば人類は5年後には滅亡します。世界各国はまずSNSの廃止、航空機の減便、オリンピック、イベントの廃止などを積極的に進めるべきです。すなわち高からず、低からず、安全でベスト...
記事の続きを読む
0 コメント

ニンニクとか玉ねぎを沢山食べるとコロナウイルスには感染しない

コロナ感染拡大を減少させる為のワクチン開発は【いたちごっこ】です。新しいワクチンを開発しても、それをすり抜けるウイルスが発生していくのでコロナ感染拡大のパンデミックは永久に終息出来ません!私が考えるコロナ感染拡大のパンデミックを終息させる唯一の手段があるとすれば、それは硫化物の研究だと思います。地球が誕生した頃は地殻変動とか火山の噴火が活発で熱波と硫化水素が地球を覆い生物が生きて行ける環境ではなか...
記事の続きを読む
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


                 


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆